雇用関係の助成金申請に強い社労士をお探しなら

【助成金申請専門】石神社会保険労務士事務所

〒189-0013 東京都東村山市栄町3-17-6 MAC久米川コート402

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください

042-307-9072

キャリアアップ助成金等の受給のための就業規則の意見書

就業規則の意見書

助成金の受給のために例えば以下の助成金では、就業規則の作成・変更が必要になる場合があります。

これらの助成金の受給の際に就業規則の作成・変更が必要な場合、労働組合または労働者の過半数を代表する従業員の意見書を就業規則に添付して労働基準監督署に提出する必要があります。

労働者の過半数の代表者の選出方法

労働者の過半数の代表者の選出方法

就業規則の作成・変更には労働組合または労働者の過半数の代表者の意見書が必要ですが、そのための代表者の選出基準・方法が問題になります。

労働者の過半数の代表者の選出のためには、

  • 労基法第41条第2号に規定する監督又は管理の地位にある者でないこと。
  • 法に基づく労使協定の締結当事者、就業規則の作成・変更の際に候補者から意見を聴取される者等を選出することを明らかにして実施される投票、挙手等の等の方法による手続きにより選出された者であり、使用者の意向によって選出された者ではないこと。

という条件を満たす必要があります。

労働者側の同意が取れない場合

労働者側の同意が取れない場合

意見書については、必ずしも同意を頂く必要はなく、反対意見が記載されていてもかまいません。しかし意見書のない就業規則は受理されませんので注意が必要です。

中には「退職金の規定がないので同意できません」というように真っ向から反対するような意見をもらう場合もありますが、労働基準法などの法令に違反していなければ就業規則は問題なく成立します。

意見書の作成そのものが困難な場合

意見書の作成そのものが困難な場合

労働者側と経営者側が激しく対立し、意見書の作成そのものが困難な場合は、その経緯が記載された「意見書不添付理由書」等を添付し、客観的に意見を聞いたことを証明すれば労働基準監督署で就業規則は受理されます。

ご不明な点はお気軽にお問合せください

石神社会保険労務士事務所のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。お問合せ・ご相談は電話相談サービス・メール相談サービスをお申し込みください。

よくあるご質問
  • 助成金ってなに?
  • うちの会社はどんな助成金がもらえるのか?
  • 助成金の受給って面倒じゃないの?
  • 助成金をもらうにはどんな手続きが必要か?
  • 費用はいくら必要なの?

例えば、特に以下のような助成金の受給要件や、特定の条件下での助成金が受給できるかということに関するお問合せが非常に多いです。

  • あらかじめ正社員採用を約束した人物を非正規労働者として採用してもキャリアアップ助成金(正社員化コース)を受給できますか?
  • 雇用保険に加入しておらず、雇用保険料を支払っていないけど助成金は受給できますか?

ホームページ上では公開できないこともありますので、さらに詳しくお知りになりたい方は電話相談サービス・メール相談サービスをお申し込みください。

なお、自社で全て申請手続きを行うことを前提にした、申請書類の作成方法など、お手続きの具体的な方法等についてもお答えいたします。

お電話でのお問合せはこちら

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

特によくあるお問合せは、助成金の受給要件や、特定の条件下で助成金が受給できるかという細かい内容です。
ホームページ上では公開できないこともありますので、さらに詳しくお知りになりたい方は、当事務所の電話相談サービス・メール相談サービスをお申し込みください。
なお、自社で全て申請手続きを行うことを前提にした、申請書類の作成方法など、お手続きの具体的な方法等についてもお答えいたします。

042-307-9072

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

代表者 石神 礼一郎
資格
  • 1999年 日商簿記検定2級資格取得
  • 2001年 社会保険労務士資格取得

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

お役立ちリンク